オンライン英会話 ランキング 評判 比較

大学留学のための試験

大学留学のための試験

 

海外の大学に留学するためには、留学生自身の英語能力を証明するために試験を受けなければなりません。

 

その試験のスコアを大学に提出し、大学は留学生が授業を理解できるだけの英会話能力があるか、論文作成のための英語ライティング能力があるかなどを審査することになります。

 

留学先での、学校生活、日常生活を楽しむためにも、英会話が必要となってくるのは当然といえるでしょう。

 

ここでは、例としてアメリカとイギリスに留学するための試験について紹介します。

 

アメリカの大学は、世界の最先端の研究をしているところも多く、また、国全体が広々としていますので人気があります。

 

アメリカの大学に留学しようと思ったら、
TOEFL(トーフル:Test of English as a Foreign language)の試験を受けなければなりません。

 

TOEFLは、実際の英語での授業を前提にして、教科書の一部分をリーディングしたり、先生の授業を聴講した後に授業の内容についてスピーキングやライティングをして、英語能力が試されます。

 

130カ国以上の国の9,000を超える大学等が、入学選考のために利用しているために、最もポピュラーな学生のための試験と言って良いでしょう。

 

日本でも、TOEFLテストの日本事務局を通じて、テストを受けることができます。

 

良いスコアをとれば、推薦入学や奨学金にも有利になってきます。

 

次に、イギリスの大学への留学の場合は、どうでしょうか。

 

イギリスは、伝統のある国であり、歴史的な建造物が昔ながらの雰囲気を醸し出しているのが、人気となっています。

 

大学は、ほとんどが公立で、伝統校であるOld Universityと、職業教育を行うNew Universityとで構成されています。

 

イギリスの大学に留学しようと思ったら、
IELTS(アイエルツ:International English language Testing System)の試験を受けなければなりません。

 

IELTSには、ゼネラルモジュールとアカデミックモジュールがあります。

 

日本の大学生が留学するためには、アカデミックモジュールを受験する必要があります。

 

試験は、ライティングとリーディングが各々60分間、リスニングが30分間、スピーキングが15分のテストとなっています。

 

最高点は9で、ネイティブ並みとの評価になります。留学を認められるには、6から7レベルのスコアを取っておいたほうが良いでしょう。

 

留学を希望される大学生は、各々のテストの試験問題集などを買ってきて、勉強することになります。

 

ところが、スピーキングやリスニング力を磨くには、問題集ではできません。

 

オンライン英会話、スカイプ英会話のスクールでは、これらのテストの試験対策を実施しているところがあります。

 

そのようなオンライン英会話で、勉強するのも1つの試験合格のための手段となるでしょう。

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら>>