オンライン英会話 ランキング 評判 比較

英語リスニング力

 

ネイティブ同士で英語を話しているのを一緒に聞いていると、
意味がつかみ切れないという人が、多いのではないでしょうか。

 

英会話のリスニング力を向上させるためには、
どうして理解できないのかを、
良く理解するところから始めなければなりません。

 

そのためには、英語のスピーキングの特徴である音の弱化や
連結を知り、その発音に慣れなければなりません。

 

・音の弱化、脱落とは英語でreduction(リダクション)
英語の文章上では書かれてある音を弱めたり、
言わなかったりすることです。

 

例えば、Good morning
英単語をそのまま発音すれば、グッド モーニングですね。
ところが、ネイティブが言うと、グッ モーニンとなるのです。

 

子音がつながっていると、音が弱まったり、消えたりしてしまいます。

 

また、英単語の最後の子音は、
聞こえないくらい弱い音になっています。

 

このネイティブの英会話を理解するためには、
発音の仕方に慣れるしか方法はありません。

 

 

・音の連結とは、liaison(リエゾン)
英単語と英単語がつながって、ひとつの英語のかたまった言葉
に聞こえることを言います。

 

例1 子音と母音がつながる例

 

Can I:キャン アイではなく、キャナイ
Should I:シュド アイではなく、シュダイ
not at all:ノット アット オールではなく、ノッタットール

 

例2 子音とyがつながる例

 

meet you:ミート ユーではなく、ミーチュー
Would you:ウッド ユーではなく、ウッジュー

 

例3 子音と子音がつながる例

 

sit down:シット ダウンではなく、シッ ダウン
bad dog:バット ドッグではなく、バッ ドッグ

 

最初の英単語の頭の部分を発音したら、わずかに時間を
置いて、2番目の英単語を言う感じになります。

 

例1から例3まで、どの例でも実際に言おうと思ったら、
カタカナで示したように音がつながった方が話しやすいし、
自然であることに気がつかれると思います。

 

では、これらのネイティブの英会話に慣れるには、
どうしたら良いでしょうか。

 

1つの方法として、シャドーイングがあります。

 

英語の文章を見ながら、ネイティブの実際の英会話を聞き、
それを自分で言葉に出して言ってみることです。

 

このシャドーイングは、繰り返し行うことが大切です。
繰り返すことによって耳が慣れてきて、リスニング力
が向上してきますし、また、自分のスピーキングもネイティブ
に近づいていきます。

 

もし、自分のスピーキングがネイティブに近づいていると
気付いたら、一歩先進です。

 

次のステップとしては、ネイティブと実際に英語で話を
してみましょう。

 

ネイティブ講師系のオンライン英会話、スカイプ英会話
なら、自宅でレッスンを受けられます。

 

ネイティブ講師の話が理解できたら、二歩前進の証しです。

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら