オンライン英会話 ランキング 評判 比較

英会話力と年収

英会話力と年収

 

近年、英会話の能力を評価に加える企業が増えてきました。

 

それだけ、企業も英会話を必要とする仕事が
増えてきているからでしょう。

 

実際には、イーメールで仕事の打合せをする、
海外の顧客に英語でプゼンテーションをする、
直接ネイティブと会ってビジネス交渉をする、
ことなどが求められていると思います。

 

社員も仕事での必要性から、
自分で負担してでも英会話を勉強する人が、増えてきています。

 

では、英会話ができることによって、
社員の年収はどのくらいアップしているのでしょうか。

 

少し古いデータになりますが、
2008年にプレジデント社が英語の能力と年収について、
30才代から40才代の男性、女性に調査を行なった
データがあります。

 

英語ができるという基準は、TOEICで760点、TOEFLで
540点、英検では準一級としています。

 

その結果は、英語のできる人は同年代の平均年収よりも
209.4万円高いというものでした。

 

転職サイトのビズリーチが、
2013年6月に会員11万人を対象に行った調査では、
英語レベルが高い人ほど年収が多く、
年齢とともにその差は拡大するという結果になったそうです。

 

ネイティブと英会話できる人とそうでない人では、
年収に約370万円の差がついているというのですから、
大きな賃金格差となっていることがわかります。

 

また、同様にダイジョブ・グローバルリクルーティングが、
2014年に3000人を対象に調査しています。

 

英語ができるという基準は、
「ビジネス英会話ができる」としています。

 

その結果によると、
30才代では年収が数十万円程度の差ですが、
50才代になると数百万円まで拡大しているそうです。

 

特に女性の場合は、ビジネス英会話レベルの能力があると、
一般の女性の平均年収と比較して、
約3倍の年収となっている結果が出ています。

 

これは推定ですが、
ビジネス英会話ができる女性は他の能力も高く、
年収に大きな差が出てきているのかもしれません。

 

いずれにしても、各種調査結果によると、
英会話ができる人の年収は高く、
年齢とともにその差は拡大すると言って良いでしょう。

 

ビジネス英会話は、年収に直結する大切な資格と言えるでしょう。

 

では、このビジネス英会話の能力をどのように
伸ばせば良いでしょうか。

 

会社員の場合、朝9時から午後6時頃までは仕事に
従事しなければなりません。

 

そう考えると、早朝か夜に英会話のレッスンをすることが、
選択枝となってきます。

 

オンライン英会話、スカイプ英会話は、
早朝から深夜まで英会話レッスンができるスクールが多く、
会社員に合った英会話学習の場と言って良いでしょう。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら