オンライン英会話 ランキング 評判 比較

企業の英語必要性調査

 

 

国際ビジネスコミュニケーション協会が、上場企業の英語の必要性調査結果2013年バージョンを公表しています。

 

調査に応じてくれた企業は、304社です。

 

まず、何社が実際に英語を仕事に必要としているかを調査したところ、

 

実際に英語を使って仕事をしている部門がある企業が約46%、特定の部門はないが英語を使用している企業が約29%

 

合計で75%の会社が、なんらかの形で英語を使っていることがわかりました。

 

75%もの企業が、英語あるいは英会話を必要としているのです。

 

それでは、実際に英語を使って仕事を必要としている部門がある企業に絞ってみると、どのような能力が必要とされているのでしょうか。

 

調査の結果では、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つの技能をバランス良く身に着けるが要求されていることが判りました。

 

近年、日本の企業は、海外に支社や工場を多く持つようになりました。

 

その結果、日本の企業は、社員に対し海外で勤務できる英会話能力をどの程度期待しているのでしょうか。

 

約230社の回答では、実に、50%以上の会社が海外で勤務できる人材を育成したいと考えているのです。

 

さらに20%の会社が、日本人に限らず英語のできる優秀な人材を採用する計画を持っています。

 

50%以上の会社が、海外で勤務できる人材を育成したいと考えていますので、それらの会社ではグローバルな人材を育成するための取組をしていることになります。

 

実際には企業研修の一環として、英語研修を行う、海外経験を積める機会などを提供しています。

 

海外経験を積める機会とは、海外出張や、仕事上の海外案件を担当してもらう、あるいは、海外からの訪問客への対応をしてもらうということでしょう。

 

これらの研修は、社員の英語学習へのモチベーションを上げるためにも大切なことですね。調査の中でも会社の40%以上が、この点を重要視しています。

 

しかし、残りの会社は社内的な人材育成の計画を持っていないため、英会話の勉強は個人に委ねられていることになります。

 

会社員が、個人的にビジネス英会話を習おうとした時に、一番に気になるのは、レッスン時間帯ではないでしょうか。

 

忙しい仕事の合間をぬって、ビジネス英会話のレッスンをする時間を見つけなければならないのです。

 

そこで、このような会社員にお奨めなのがオンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話とも言います。)です。

 

24時間レッスンが可能なオンライン英会話がありますし、多くのオンライン英会話では、朝早くから夜遅くまで英会話レッスンができるのです。

 

ビジネス英会話向けオンライン英会話を、ビジネスマンはぜひ検討してみてください。

 

 

 

<<ビジネス英会話向けおススメのオンライン英会話スクール