オンライン英会話 ランキング 評判 比較

テキスト(2)

 

 

英会話を勉強する人にとって、英語教材は本屋さんに行くと溢れています。どの本が良いのか、また、自分の目的に合っているのか、迷ってしまいますね。

 

最近では、本でなくてもスマートフォンから英会話に関連するサイトにアクセスできますが、じっくりと読むには、本はまだスマートフォンにない魅力があります。

 

では、本当に役立つ英語教材はどのように見つけたら良いでしょうか。

 

1. 単行本か月刊誌か
英会話の単行本の教材としては、英会話の場面毎の例文集とか、とっさの一言的な例文集、日常英会話100選といったものが多いですね。

 

また、それとは別に小説のジャンルがあります。英語の勉強を兼ねながら、海外の小説そのものを楽しみたい方には向いているでしょう。

 

それに対し、月刊誌は時事的なテーマを扱ったエッセイ、ニュース記事とその解説、有名人へのインタビュー記事、こだわりコーナー欄などを載せています。

 

このように見てくると、辞書的とも言える単行本を1冊は欲しいと思います。しかし、それを毎日数ページ毎に読み続けるのはかなりの忍耐力が必要となり、継続性の観点から見て難しいのではないでしょうか。

 

一方、英語月刊誌の場合は時事的な記事を載せています。また、役立つ表現集なども連続的に取り上げている場合が多いので、飽きることは少ないでしょう。

 

このような観点から考えると、月刊誌のほうが英語の勉強を継続できる割合が高いのではないでしょうか。

 

2. 難易度
英会話のテキストは、自分のレベルに合ったものを選ぶというのが基本でしょう。勉強は継続させることが大切なので、テキストの難易度にも十分な配慮が必要です。

 

ハイレベルの人向けには、CNNなどの海外ニュース記事や、俳優やスポーツ選手へのインタビュー記事を扱っている読本は数多くあります。

 

一方、初級者の方には、NHK基礎英語テキストや初級者向け月刊誌があります。

 

これらの中から選択することになるでしょう。

 

3. その他
英会話の勉強は、繰り返しになりますが継続性がとても大切ですので、読んでいて飽きない本を選びましょう。

 

単に、英文記事が載っているだけでなく、写真やイラストが入っていた方が楽しく読めますね。

 

また、英文記事の中で大切な英単語には、丁寧な注釈があると、とても役に立ちます。

 

この丁寧な注釈というのは、一般の日本人には解らないようなニュアンスの解説とか、欧米人が好んで使う英単語や英熟語をどのような場面で使うとかのきめ細やかなコメントを指しています。

 

さらに、ハイレベル向けの本にはCDが付いていて、実際のネイティブのスキーピングが聞けるようになっています。

 

このCDが付いていることも、本を買う時にはしっかり確認してください。

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら