オンライン英会話 ランキング 評判 比較

単語の覚え方(2)

 

 

英単語の覚え方は、人によって様々です。自分に合った覚え方を見つけられた人が、逆に、ボキャブラリーを増やしていくことができるのかもしれません。

 

英単語を暗記し、それが英会話の中で自然に出てくるようになるのには、いろいろな要素が絡んできます。

 

ここでは、その要素毎に、どうすれば英単語を覚えられるようになるかを考えてみましょう。

 

1. 年齢
幼児の頃は、外部からの刺激を何でも吸収していきます。脳が大きくなっていく過程なので、自然に記憶にとどめることができるのでしょう。

 

幼稚園生、小学生、中学生、高校生、そして大学生くらいまでは、成長過程ですから一度記憶したことは、忘れません。

 

ところが大人になると、記憶のキャパシティーに限界が出てきます。

 

そして、加齢とともに、過去に記憶していた事さえ思い出せなくなってきます。

 

喉まで出かかっているのですが、なかなか口に出せないことも珍しくなくなってきます。

 

この現象は、誰でも同じでしょうから、年齢に応じて英単語の覚え方を変えていくことが大切なのではないでしょうか。

 

2. 必要性
趣味として英会話を勉強されている方は、すばらしいと思います。海外旅行やボランティアなどに英会話が使えたら、世界が広がりますね。

 

一方、仕事で英会話を必要とする場合は、話は変わってきます。もう、自分の生活がかかってくる訳ですから、モチベーションが違ってきます。

 

このモチベーションも英単語を覚える上で大切な要素です。

 

3. 暗記法
この暗記法が思案のしどころです。上で述べた年齢や必要性を前提して、どのようにすれば良いでしょう。

 

買ってきた英語の単語集を、暗記する方法もあります。

 

逆に日常、生活の事や仕事の事を日本人同士でコミュニケーションしていますが、それを一日のある時点で英語に置き換える作業をしてみてはどうでしょう。

 

日々、英語の日記をつけていると思えばできるのではないでしょうか。

 

今日、同僚とこんな会話を交わしたが、英語で言おうとしたらどのような英語表現になるかと考えてみるのです。

 

分らない英単語が出てきたら、英和辞書を引いてみることです。

 

そして、自分にとって新しく出てきた英単語は、早速、メモ帳に記録しておくのです。

 

英単語としてだけメモするのでなく、その英単語を含む短文としてメモします。

 

そうすると、後から短文を読んだ時に、その日本語を使ったシーンと英単語がセットとなって記憶として蘇ってきます。

 

メモした英単語は、日常使う単語ですから重要な単語ですし、短文としたために、英語を実際に話す時にも、口をついて出やすくなります。

 

実際、この作業を日々繰り返したところ、ボキャブラリーは確実に増えていきました。
英会話の上達に近道なしを、思い知らされました。

 

どれだけボキャブラリーが増えたかを試すには、オンライン英会話(スカイプ英会話)を利用すると、格安性もあり便利です。

 

オンライン英会話の優良サイトの検索には、ビジネス英会話向けオンライン英会話ランキングをお奨めします。

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話スクール