オンライン英会話 ランキング 評判 比較

双方向の重要性

 

 

オンライン英会話では、スカイプソフトを利用して
英会話レッスンを進めます。

 

電話は、話し言葉の双方向性を持ったツールです。

 

ところがスカイプソフトでは、話し言葉に加えて、
映像についても双方向性があります。

 

すなわち、生徒と英会話講師がパソコンのスクリーン上
に映った相手の姿を見ながら、英会話レッスンを進める
ことができるのです。

 

実は、相手の表情やしぐさから、多くの情報が得られているのです。

 

また、スカイプソフトを使えば、英会話の中で出てきた物を
実際に相手に見せることもできるのです。

 

電話の出現は、画期的であったと言って良いでしょう。

 

手紙と比較してみても、その情報伝達の速さ、そして
コミュニケーション量の多さは飛躍的でした。

 

ところが、スカイプソフトでは、その電話の話し言葉の双方向性に、
映像の双方向性が加わったのです。

 

電話と比較して、情報伝達の正確性、格安性、
そしてコミュニケーション量の多さは飛躍的です。

 

現在、この双方向性コミュニケーション技術の発達を、
教育に利用する試みがなされています。

 

ある大学では、教授が電子黒板を横に準備しておいて、
講義を行うことを始めたそうです。

 

学生は、教授の講義を聞きながら、自分の意見なり感想を
スマートフォンを利用して電子黒板に送ります。

 

教授や学生は、スマートフォンから送られた情報を一緒に見て、
議論することができるようになりました。

 

また、小学校では生徒にi-PADを持ってもらい、
教諭は電子黒板を使って、授業を進める試みが始められています。

 

生徒がi-PADに書いたことが電子黒板に映し出されて、
教諭と生徒全員が情報を共有しながら授業を進めているそうです。

 

このような事例も双方向コミュニケーションの1例です。

 

このような試みは、まだ始まったばかりですが、今後、
教育にどのように生かせるのか、創意工夫の必要な分野でしょう。

 

双方向性コミュニケーションの技術の進展は、オンライン英会話
のレッスンをはじめ、いろいろな分野で拡がりを見せ始めています。

 

今後、ハード的な技術の進歩と、それを利用したソフトとしての
利用システムの進歩が、どのように進んでいくのか楽しみです。

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら