オンライン英会話 ランキング 評判 比較

目的別レッスンの比較

 

英会話を勉強する目的は、いろいろありますね。
仕事のため、海外出張、海外赴任のため、海外旅行のため、学校での英語、英会話
の授業を補うため、とさまざまです。

 

ここでは、企業研修の一環としての英語研修、留学、学習塾でのオンライン英会話
の可能性について考えてみたいと思います。

 

企業研修
グローバル化の進展により、海外進出している企業が増えました。

 

社員が英作文や英会話に対応できないと、仕事が進まないケースが出てきています。
会社としても仕事に英会話が必要なら、研修を企画します。

 

30年前あたりまでは英語講師が会社に来て、社員を研修室に集めての英会話
レッスンが多かったそうです。これは、小学校や中学校の英語の授業と同じ
スタイルですね。

 

各社員の一人一人が英語でスピーキングの練習ができなくては、実質的に
英会話レッスンになっていなかったのが実情ではないでしょうか。

 

そこで、オンライン英会話のグループレッスンを企業研修として提案したい
と思います。

 

4人程度の少人数のグループレッスンを、テレビ会議方式で行うのです。
英会話レッスン中に4人が誰でも英語のスピーキングをする機会ができ、
費用対効果の高いレッスンになると確信しています。

 

 

留学
英語圏の国へ直接行って英語を勉強することになりますので、環境としては
上達する可能性が極めて高いと言えます。
また各国の生活の実態を理解することもできます。

 

ただし、1つ条件があるのではないでしょうか。
それは、英会話のレベルが一定以上に到達していることです。

 

英会話の理解力が低いと、海外に行った時に生活にも困ることに
なってしまいます。

 

地元の方は英語講師ではありません。
生徒のレベルを考えて、英語を話してくれる訳ではないのです。

 

少なくともネイティブのナチュラルレベルのスピードの英会話に、
ついていくことができる必要があるのではないでしょうか。

 

そこで、ネイティブ講師系のオンライン英会話の提案です。

 

海外在住の英語講師からナチュラルスピードの英会話レッスンを受けてみる
のは、いかがでしょう。きっと留学した時に役立つと思います。

 

低料金で本場の英語講師と英会話レッスンできるのが、オンライン英会話
の魅力です。

 

 

学習塾
文部科学省は小学校3年生から英語学習活動を行う方針です。

 

小学校、中学校では、ALT(外国語指導助手)が英語教諭に付いて、
英語や英会話の授業を進める時代です。

 

学習塾でも英語の先生はいると思いますが、ALTに相当する先生として、
オンライン英会話のネイティブ講師を活用してはどうでしょうか。

 

もう学習塾でも、英会話を学習塾の差別化の戦略として考える時期に
来ているのではないでしょうか。

 

 

         おススメのオンライン英会話はこちら