オンライン英会話 ランキング 評判 比較

電子ブック

 

 

電子ブック(電子書籍とも言われています。)は、紙への印刷、
製本をする手間、印刷工場から本屋さんまでの物流経費を
大きく削減できるため、普及が期待されています。

 

また、本を買うのにもわざわざ本屋さんまで出向く必要がありません。

 

購入した後も本棚の場所もとりませんので、
読者にとっても便利な本と言えるでしょう。

 

逆に必要な機器は、パソコンかスマートフォン、
あるいは、タブレットPCです。

 

このタブレットPCが世の中に流通しはじめてから、電子ブック普及の
可能性が高くなったのではないでしょうか。

 

ちょうど本の大きさと同じサイズなので読みやすく、
しかも各人のバックの中に入る大きさなので、持ち運びが便利なのです。

 

自分の大きな本棚を担いでいても、旅行が簡単にできる感覚です。

 

ところが、この電子ブックの普及が進展しない原因として、
著作権保護の問題と電子化された時の所有権の問題があると
されています。

 

著作権の保護の問題は、作家が書いた本をだれでも容易に複製できる
ことの防止策をどうするかという問題です。

 

電子化された所有権の問題は、過去に出版された本を電子ブックとして
販売する際には、本をスキャンすることから持ち上がった問題です。

 

即ち、そのスキャンデータの所有権は誰にあるのかが論点です。

 

作家なのか、出版会社なのか、それとも他の解釈が有りうるのか
という問題です。

 

いろいろな問題があるかもしれませんが、消費者にとって
経済的な合理性があれば、電子ブックは将来普及していくでしょう。

 

ところで、オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話)も
電子ブックと同様に、パソコンやスマートフォン、タブレットPC
を利用して、英会話レッスンを行うコンセプトです。

 

その意味では、オンライン英会話と電子ブックは、とても相性が
良いのです。

 

オンライン英会話は、スカイプソフトウェアを利用して、
パソコンスクリーンに映し出された英会話講師の画像を見ながら、
ビジネス英会話などのレッスンを行います。

 

電子ブックも、同様にパソコンスクリーン上に映しだされた
本の文章を読むことになります。

 

英会話レッスンでは、テキストを使いますが、このテキストが
電子ブックであればどうでしょう。

 

英会話講師の姿を見ながら、電子ブックの英会話テキストを
使ってレッスンができるようになるのです。

 

このように、電子ブックそのものに格安性の魅力があるのに
加えて、電子ブックの利用の方法にも、いろいろな利便性
が考えられます。

 

1つの例として、オンライン英会話での電子ブックの利用の
利点について述べました。

 

その他の業種においても、このように利用する観点からの利便性が、
電子ブックの持つ特性として数多く見出せるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

おススメのオンライン英会話はこちら