オンライン英会話 ランキング 評判 比較

早朝深夜レッスン

 

 

最近のオンライン英会話(スカイプ英会話)のウェブサイトを調べてみると、早朝や深夜でも英会話レッスンのできるスクールが増えてきています。

 

通学式の英会話スクールでは、午後1時頃からスクールを開き、午後9時にはレッスンを終わらせるのが標準的でしょうか。

 

都市部の通学式英会話スクールでは、早朝の6時半から8時半くらいの時間帯に早朝レッスンを設けているスクールもあるようです。

 

9時から業務を開始する会社が多いので、出勤する前にレッスンをしたいという方のニーズに対応しているものと思われます。

 

夜の場合は、レッスンが終わってから自宅まで帰らなければなりませので、交通機関の問題や安全の問題もあり深夜まではレッスンはできません。

 

そこで、夜9時にレッスン終了としている訳です。

 

それと、営業時間を8時間以上にすると、英会話講師やスタッフの就業時間の問題も出てきてしまいます。その理由から言っても、午後1時から午後9時までのレッスンになっていると思われます。

 

一方、オンライン英会話(スカイプ英会話)の場合はどうでしょうか。

 

フィリピン講師系の場合は、ひとつの国の英会話講師が対応していること、日本との時差も一時間と少ないため、日本の講師雇用状況と大きな差はないはずです。

 

そこで、早朝から深夜までのレッスンを可能にするために、早出の英会話講師と遅出の英会話講師に分けるなどの方法をとることになります。

 

ネイティブ講師系のスクールの場合は、かなり状況は変わってきます。
例えば、早朝の5時からのレッスンを考えてみましょう。

 

アメリカ合衆国は広い国であるため、4つのタイムゾーンに別けられていますが、日本の朝5時は、アメリカ合衆国では12時から15時に当たります。

 

アメリカ人にとっては、ちょうど良い労働時間帯となるのです。

 

カナダについても、同様なことが言えます。

 

昼間の時間帯は、どうでしょうか。オーストラリアと日本の時間差は1時間ですので、オーストラリアまたはニュージーランドの英会話講師がレッスンのできるちょうど良い時間帯です。

 

夕方から深夜にかけてのレッスンについては、イギリスの英会話講師が活躍する時間帯となります。

 

日本の夕方5時と深夜1時は、イギリスでは各々朝9時と午後4時です。

 

このようにネイティブ講師系のオンライン英会話では、朝5時から深夜1時まで、世界に在住するネイティブ講師が無理のない時間帯に、日本人と英会話レッスンをすることが可能なのです。

 

一方、英会話レッスンを受ける生徒側からレッスン時間帯を考えてみましょう。

 

会社員は、朝9時には仕事を開始し、夕方6時まで働くパターンが典型例ではないでしょうか。

 

学生も、午前、午後と授業に取り組んでいます。

 

普段の生活の中でこの会社員や学生の方々が英会話レッスンを受けようと思った時、早朝、深夜は大切な時間帯ではないでしょうか。

 

オンライン英会話(スカイプ英会話)は、その時間帯に英会話レッスンを提供できる便利なツールシステムと言って良いでしょう。

 

そのようなオンライン英会話サイトを見つけようと思ったら、社員研修ランキングのキーワードでインターネット検索をお奨めします。

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話スクール