オンライン英会話 ランキング 評判 比較

英語に浸る

 

 

外国人と英語で話をしている時に、頭の中で日本語をまず考え、次に英文に翻訳していませんか。

 

また、外国人から英語で話しかけられている時に、頭の中で聞いた英文を日本語に和訳していませんか。

 

この変換作業をしている方は、いくら英会話のレッスンをしても英会話はなかなか上達しないのではないでしょうか。

 

なぜなら、英語と日本語の変換作業をしている間は、変換作業に追われ、外国人の英会話が頭の中に入ってこないからです。

 

まず、英会話レッスンを始めたら、日本語での思考を止めることを心がけるトレーニングから始めるのが良いのではないでしょうか。

 

英語で話している時は、英語で思考することです。

 

日本に居ながら、普段、英会話にどっぷりと浸れるのは、どのような時でしょうか。

 

1. 英会話教室で英会話レッスンを行っている時
2. 映画館、あるいはパソコンで洋画を観ている時

 

まず、英会話スクールに行って、英会話レッスンをしている時を考えてみましょう。

 

ネイティブ講師と英会話をしている時には、英語で思考するように心掛けたいものです。

 

判らない英語の部分を判らないから教えてくださいと英語で質問できるなら、そうすべきです。

 

ただし、英会話の勉強をしている訳ですから、うまく英語表現できない時には英語の思考を中断し、日本語モードに切り替えます。

 

日本語でも良いからネイティブ講師に質問すべきと思います。

 

勉強をしているのですから、判らないままにしておくのが一番良くない事です。

 

ネイティブ講師も、日本人相手に英会話のレッスンをしているのです。

 

ある程度の日本語は理解できるでしょうし、ホワイトボードにライティングする、あるいはジェスチャーを交えてやさしい言葉に言い換えてでも、説明をしてくれるでしょう。

 

そのようにして、一つ一つ英単語なり言い回しを覚えていくしか道はありません。

 

時間と費用のかかる作業です。そのような時、オンライン英会話(スカイプ英会話)を利用するのも1つの方法でしょう。

 

どのスクールが良いかは、社員研修英会話スクールランキングのサイトを見ることをお奨めします。

 

次に洋画です。洋画の場合は、ネイティブ同士の英会話となりますので、日本人にとっては圧倒的なスピードの英語の会話となるのが一般的です。

 

英会話にどっぷり浸れる時間となるでしょう。

 

字幕を参考にしながら、何とか話の内容を理解するように努めることです。

 

大切なのは、判らない英単語が出てきたら、洋画のスクリーンを離れてでもその英単語をメモしておくことです。

 

そして、後になって英語の辞書で意味を調べてみるのです。洋画のストーリーは分っているのですから、調べた英単語はもう忘れません。
これで、あなたのボキャブラリーが、また1つ増えることになるのです。

 

どのようにしたら英語が頭の中に残るのか、ぜひご自身でも工夫してみてください。

 

 

 

 

            <<おススメのオンライン英会話はこちら