オンライン英会話 ランキング 評判 比較

ネイティブ英会話

オンライン英会話
私達日本人は、
学校で習った英単語や英文法をベースとして、
外国人とコミュニケーションをとっています。

 

ところが、同じ内容を英語で表現する場合、
ネイティブは学校で習った英語表現と別の英単語、
構文を使うことが良くあります。

 

ネイティブとコミュニケーションをとろうとするなら、学校で習った英語を超え、ネイティブの使っている英語を覚えるべきでしょう。

 

たとえば、私はA社に勤めています、という英語表現を何というでしょうか。

 

簡単に言うのなら、I am in A company. でしょうか。

 

ところが、ネイティブの会話を聞いていると、I work for A company. という表現を良く耳にします。

 

ネイティブがそのような言い回しをするのなら、その英単語を覚えない事には話がスムーズにできません。

 

また、彼は英語が得意です、という英語表現の場合はどうでしょう。

 

すぐ思い浮かぶのは、He is good at English. でしょうか。

 

ところがネイティブは、He is proficient in English. という言い方を良くします。

 

上記の2つは、例にすぎません。実際には、日本人が学校で習った英語表現と、実際にネイティブが使っている英語表現が異なっていることが、多々あるようです。

 

では、ネイティブがどのような英語表現を使っているかを知るためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

英字新聞、英語本を読んだり、実際に話をしてみて、経験を積んでいく以外に道はないように思います。

 

また、特にネイティブが使う英語表現について英会話レッスンを受けるという手段もあるでしょう。

 

オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話)では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどに在住している英語講師がレッスンをしてくれます。

 

ネイティブの講師に、実際にネイティブ同士で話す時の英語表現、文章を書く時の表現に使う英単語を聞いてみましょう。

 

英語での履歴書を読んでみて、なじみの薄い英単語が出てきたら、
一般的に使っている言葉かどうか、ネイティブ講師に聞いてみましょう。

 

日本語の履歴書でも、書き方があるように英語の履歴書でも書き方はあるのです。

 

ぜひ、そのようなネイティブ講師から生きたレッスンを受け、本物の英語表現が使えるようになりたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

            <<おススメのオンライン英会話はこちら