オンライン英会話 ランキング 評判 比較

ワーキングホリデー

 

 

日本の若者が海外生活を経験してみたい、あるいは英会話の勉強をしてみたいと思った時に、ワーキングホリデーという制度があります。

 

ワーキングホリデー制度は、海外の地で仕事に従事しながら収入を得て生活し、英会話を併せて勉強するのにとても便利な制度です。

 

その国での滞在期間は1年から2年となっており、現地の生活は十分に体験できる期間となっています。

 

海外留学の場合は、渡航先で英語学校に入学し英会話を勉強するのが基本です。

 

アルバイトなどで生活費を補充することはできるでしょうが、生活費、学費は準備していかなければなりません。

 

また、観光ツアーでれば、ツアー代は日本の観光代理店に支払ってから出発することになります。その意味で、資金の準備がかかせません。

 

金銭面で用意ができていない若者が、海外生活を体験するためには、このワーキングホリデー制度は適した制度なのです。

 

ところで、このワーキングホリデー制度、日本と協定を結んでいる国は限られています。

 

例を挙げると、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、オーストラリア、ニュージーランド、香港、韓国、台湾などです。

 

また、イギリスとは、似たような協定を結んでいます。

 

この中から、人気の高い国の状況を説明します。

 

オーストラリアは、日本人のワーキングホリデー制度利用者の約半数が、渡航する国として選んでいます。

 

南半球にありますので、日本と夏季と冬季の時期が逆になりますが、気候が温暖なので暮らしやすいのも人気の秘密の1つでしょうか。

 

農場での労働により、滞在期間が1年から2年に延長されるので、活用する日本人も多いとのことです。

 

カナダは、トロントとバンクーバーへ行く日本人が多いとの統計があります。

 

自然が美しいのが魅力ですが、緯度が高いので冬には寒さに負けない元気が必要でしょう。

 

その他に、海外旅行保険への加入とか資金残高証明書とかの書類いが必要となりますので、準備が必要です。

 

ワーキングホリデー制度を利用して上記の国へ行こうとすると、滞在地域の方とコミュニケーションできるだけの英会話力はかかせません。

 

ネイティブ講師系のスカイプ英会話(オンライン英会話)なら、オーストラリアやカナダ出身の英会話講師が在籍していますから、その講師からレッスンを受けるのがお勧めです。

 

渡航先の普通では聞けないような地元情報を、教えてくれるかもしれません。

 

 

 

 

         おススメのオンライン英会話はこちら