オンライン英会話 ランキング 評判 比較

TOEFL

 

TOEFLは、Test of English as a Foreign Language の略称であり、
アメリカのNPOが主催しているテストです。

 

日本のような非英語圏の人々、特に学生を対象としており、
日本の学生がアメリカなどの英語圏の学校に留学する際、
英語力を判定するのに良く利用されています。

 

テストでは、英語の、読む、書く、聞く、話す、能力を測定します。

 

・読む
800文字程度の英語の文章が示されて、
その内容について質問が出されます。

 

英文は、論文形式に近い内容となっており、
ある程度の専門用語が入っているので注意が必要です。

 

英語のニュースや、2人がコミュニケーションしている会話の
英文などが出題されたことは、ないのではないでしょうか。

 

問題は、英文の内容についての質問、英単語に関する質問、
英文から作者が何を言わんとしているのかを問う質問となります。

 

英文を正確に把握する力が試される訳です。

 

・書く
Integrated- essay と Independent-essay の2つの種類の問題があります。

 

Integrated-essay では、アカデミックな文章約300文字程度を
3分間読んだ、先生の授業を聞きます。

 

そして、英文と授業の内容のまとめを英作文する問題となります。

 

Independent-essay では、質問について自分の意見を
300文字程度にまとめる問題となります。日本語と同じで
、起承転結の文章構成がしっかりしていることが前提です。

 

その上で、英文法の知識、英単語の知識が試されることになります。

 

・聞く
大学のレクチャーや活動に関する質問が、出されます。
たとえば、先生が講義を話す、何人かの学生が教室で会話をしている、
先生と学生とのやりとり、図書館で本を借りる場面の会話、などがテーマとなります。

 

その会話について、質問に答える問題が出されるのです。

 

・話す
質問について自分の回答を録音する形式をとっています。
後で、その録音を聞いて評価されることになります。

 

発音の仕方、英単語、話すスピード、質問に対する
回答の妥当性を問われることになります。

 

学生にとって、英語のスピーキング力をつけるには、
海外からの留学生が同じ学科にいれば都合が良いと思います。
しかしながら、なかなか周りには英語圏からの留学生はいないものです。

 

そのような時、オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話)は、とても便利です。

 

自分が海外留学しようと思っている国の講師のいるオ
ンライン英会話を探して、レッスンを受けるのはどうでしょう。

 

留学先の事情を講師に教えてもらえるので、役立ちます。

 

また、格安なのも、学生には向いていると思います。
ぜひ、試してみることをお奨めします。

 

 

 

 

      おススメのオンライン英会話はこちら