オンライン英会話 ランキング 評判 比較

TKT

 

 

TKTとは、英語を母国語としない人に英語を
教育する能力を評価するためのテストで、
Teaching Knowledge Testsを略したものです。

 

イギリスのケンブリッジ大学の専門部門が、
英語教員の指導力を認定するために
世界的にこのテストを提供しています。

 

実用英語技能検定(英検)やTOEICは、
自身の英語レベルを測定することを目的としていますが、
TKTは英語を教える能力を評価するためのテストです。

 

TKTのテストに合格するためには、
英語教師として生徒を教育する時に知っておくべき事、
すなわち英語教育についての基本的な知識が必要になります。

 

また、英語を教える時に必要な英語の用法や、
実際に英語を教える時に必要となる基本的な
考え方を学んでおく必要があります。

 

テストは3つのモジュールからなっています。
・英語の学習法、および英語の教育法
・英語レッスンの計画方法、および教材の適切な利用方法
・英語レッスン、および英語学習のプロセス管理

 

TKTは、英語教育の経験のあるなしに関わらず
誰でもテストを受けることができます。

 

また、TKTの資格を持っていれば、
世界中の小学校、中学校、高等学校、一般の英会話スクールにおいて
英会話を教育するために役立ちます。

 

日本においても、文部科学省が発表した
「国際共通語としての英語力向上のための

 

5つの提言と具体的施策」を基に、
学校の英語担当教諭の中で英語指導力向上のインセンティブが高まってきています。

 

そこで、TKTのように国際的に認知された資格を
取得しようとする機運が、高まってきているのです。

 

実際、2021年度からは、
中学校の英語の授業は英語で行う方針をもとに、
文部科学省の教育指導要領審議会が審議を開始しています。

 

現在では、どのように英語、英会話レッスンの授業を進めたら良いか、
また、指導方法をどのように学べば良いかは、
中学校、高等学校の英語担当教諭の関心の的と言って良いでしょう。

 

そこで、1つの提案があります。

 

それは、英語担当教諭が、ネイティブ講師がいるオンライン英会話
(スカイプ英会話)で実際に英会話レッスンを受けてみることです。

 

ネイティブ講師の多くは、TKTに限らず、TESOLやCELTAの資格を持っています。

 

そのネイティブ講師から、英会話の指導方法をレクチャーしてもらうのです。

 

どのように英会話の授業を進めていくべきかのテーマを基に
英会話レッスンを受ければ、英会話そのものの練習にもなります。

 

オンライン英会話は格安性もありますし、学校の英語担当教諭にとって
一石三鳥の英会話学習ツールとなるのではないでしょうか。

 

 

 

 おススメのオンライン英会話はこちら