オンライン英会話 ランキング 評判 比較

留学生の思い出

オンライン英会話
私の高校時代の話です。

 

私の高校の時にクラスに
アメリカからの留学生がきました。
日本に興味があり、
日本語も勉強しているといっていました。

 

日本語はカタコトではありましたが、
とても上手でした。
私の英語よりははるかに上手と思いました。

 

とにかく、日本に来て話が通じて生活できているのですから、
立派でした。

 

長い期間ではありませんでしたので、
クラスメートの家に滞在していたように思います。

 

一緒に授業をしましたがどのくらい理解していたのかはわかりません。
先生も英会話が出来るわけではありませんから、
普通に授業をしていました。

 

滞在していた家の友人は、
留学経験があり英会話が出来ました。

 

今考えると、英会話の出来る生徒の家に
滞在したのかもしれませんね。

 

ほとんど傍にいて、わからないところは通訳していました。
しかし、それは本当に困ったときだけで、
普段は日本語で話すようにしていました。

 

彼女に驚いたことは、書道がとても上手なことでした。
アメリカで日本人に教えてもらったことがあるといっていましたが、
本当に上手でした。

 

止め、はね、払いなどの筆さばきも巧みに
書きこなしているようでした。

 

文字を書いている感覚ではなく、アートとらえているようでした。
アメリカでは優秀な生徒らしく何をしても自分の技とするのが、
巧みなのだと思いました。

 

アメリカに帰るころには、日本語も上手になっていました。

 

今どこかで日本とアメリカの橋渡しをしているかもしれません。

 

そこで、海外留学に興味が湧き、
日本の留学奨学金制度について調べてみました。

 

英会話を勉強するために海外留学をする際には、
時間と資金が欠かせません。

 

費用の面でみると、留学先へ行くための飛行機代、英会話を勉強するための授業料、
そして寝泊りするための宿泊費や食費を工面しなければなりません。

 

奨学金制度は、この資金を支援するための制度です。

 

この奨学金を利用しようと思った場合、
年に1度の募集に限られていて期間限定のケースが多いため、
最初は情報を取集することに注力しましょう。

 

また、上記の留学費用を奨学金で全部賄えることはできないのが実情ですので、
自己資金の準備が必要になってくることを忘れてはいけません。

 

では、実際にはどのような奨学金制度があるのでしょうか。

 

 

海外留学の長期派遣型支援制度
マスターまたはドクターの学位を得ることを目的として、
海外の大学に留学する人を対象にしています。

 

支援期間は、原則、マスターを取得するコースが2年、
ドクターを取得するコースが3年となっています。
奨学金の申請は、各人が所属する大学を通じて行います。

 

 

 

海外留学の短期派遣型支援制度
大学や高等専門学校などの学生が、
外国の学校と交流を深めるために設けられた制度です。
交流の期間は、8日以上1年以内を対象としており、
大学などが計画したプログラムに対して支援する仕組みになっています。
この奨学金も、各人が所属する学校を通じて行います。

 

また、次のような奨学金制度もあります。

 

 

ロータリー財団が支援する奨学金制度
ロータリー財団が掲げる分野について、知識を得る事、
社会人として貢献していくことを目的として、
1年間に$30,000が支援されます。
ただし、募集人員は3名程度とのことです。

 

その他、ロータリー財団には、種々の奨学金制度があります。

 

 

IBPグローバル奨学金
この奨学金は、グローバル人材を育成するための奨学金で、
短期間の英語研修やビジネストレーニング、企業でのインターンシップの
3ステップの研修となっています。
海外で学ぶ、将来のビジネスマンへの支援プログラムでしょうか。

 

まだまだ多くの海外留学奨学金制度がありますので、
希望される方は、ぜひ調べてみてください。

 

いずれにしても、海外留学する場合は、
英会話の一定以上の能力が必要となってきます。

 

費用がかけずに英会話を勉強しようと思ったら、
オンライン英会話(スカイプ英会話)がお奨めです。

 

IBPグローバル奨学金の対象となるような
ビジネスキャリアアップを目指す方には、
ビジネス英会話向けオンライン英会話ランキングが、
オンライン英会話スクール選びにお奨めです。

 

 

 

 

       <<オンライン英会話おすすめランキング