オンライン英会話 ランキング 評判 比較

英検

 

 

英検の正式名称は、実用英語技能検定と言います。
日本英語検定協会が実施しており、読む、聞く、話す、書く、の4つの英語能力を検定するテストです。

 

日本における英語の試験としては、長い伝統を持つ英語検定と言って良いでしょう。

 

現在、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つのランクがあります。

 

いずれも一次試験と二次試験があります。

 

一次試験は、問題用紙に書かれた英文の質問に回答するテストです。

 

5級から2級までは、マークシート方式で回答し、準1級から1級の場合は、マークシート方式で回答するとともに、英作文のテストがあります。

 

準1級では、100文字程度、1級では200文字程度の英作文が課せられます。

 

この一次試験に合格した受験生が、二次試験に進むことになります。

 

二次試験では、面接官と1対1の英会話の試験となります。この試験では、コミュニケーションをとろうとする姿勢、態度も評価の対象となっています。

 

この二次試験に合格してはじめて、そのランクに合格したことになります。

 

1級に合格すると、通訳案内試験の一部が免除されたり、準2級から1級の資格があれば、高等学校を卒業したことを認定するための試験において、英語のテストが免除されたりする特典があります。

 

一次試験は学校の英語のテストと似ていますので、方法論として対策に苦労することは少ないと言って良いでしょう。

 

問題は二次試験で、英会話のテストになりますので、英会話に慣れておく必要にせまられます。

 

小学校や中学校では、ALT(英語指導助手)の先生がいます。ALTはほとんどの場合、ネイティブ(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、及びニュージーランド出身者)が務めています。

 

このALTの先生に二次面接の練習をお願いすることくらいはしないと、なかなか合格するところまでは辿りつけません。

 

もうひとつ、英会話に慣れるために、英会話スクールに通って英会話を勉強することが考えられます。

 

ただし、費用の面で負担となることが避けられません。

 

そこで、オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話)で英会話の勉強をする方法が考えられます。

 

通学式英会話スクールと比較してレッスン料金が格安ですので、学生の方々や一般の方にもお奨めです。

 

また、オンライン英会話は自宅で英会話レッスンができるというメリットがあります。

 

英検合格のために、ぜひ技術革新によって芽生えた文明の利器の活用をお奨めします。

 

 

 

 

              おススメのオンライン英会話はこちら