オンライン英会話 ランキング 評判 比較

ワーキングホリデー

 

ワーキングホリデー制度とは、18歳から30歳までの若者が海外を旅行しながら
、生活資金を得るためにアルバイト的な仕事にも就ける制度です。

 

単なる海外旅行、観光であるならば、
旅費や宿泊費は旅行前に事前に準備をし、海外に出かけることになります。

 

また、単に海外留学と言った場合には、英語の勉強に専念するイメージがあります。

 

でも、若者が海外で1年間かけて英会話の勉強をしたいと思った時に、
1年間の旅費や宿泊費を準備するのはとても難しい話になります。

 

そこでワーキングホリデー制度を利用すれば、渡航先で仕事をして
生活のための収入を得ながら、海外の友人や地元住民と実際に
話をして英会話の勉強をすることができるのです。

 

このワーキングホリデー制度により、
どこの国へ行っても仕事ができる訳ではありません。

 

日本国がワーキングホリデー制度を結んでいる国においてのみ、
生活のための仕事ができるのです。

 

ここでは、カナダ、オーストラリア、イギリスを例にして説明します。

 

カナダ

 

カナダ滞在の許可期間は、1年間となっています。

 

入国の際、資金残高証明書が必要になります。
いくら働けば収入が得られるからといっても、
最低限のお金は持って入国してくださいということですね。

 

滞在している期間は、海外旅行保険への加入が必要です。
事故や病気になった時には働けませんから、いざとい時の保険になります。

 

日本人に滞在先として人気があるのは、トロントとバンクーバーです。

 

ところが、トロントは11月から3月にかけて厳しい寒さになる日があり、
マイナス20度になる日もあります。十分な準備をして行く必要があります。

 

一方、バンクーバーは雪がほとんど降りませんが、
10月から4月にかけて雨季のとなります。

 

現地情報を十分調べて行くことを、お奨めします。

 

 

オーストラリア

 

日本人のワーキングホリデー利用者の半数は、
オーストラリアを選んでいるそうです。

 

11月から3月頃が夏季となりますが、湿気が少ない、
また冬季も日本に比べると暖かいという過ごし易さが人気の秘密でしょうか。

 

地方農場の人手不足解消のために、農場で3か月以上働くと
1年の滞在許可期間が2年に延びる制度があり、
利用している人も多いそうです。

 

 

イギリス

 

実は、現在ワーキングホリデー制度は廃止されていますが、
それに代わるYouth Mobility Schemeという制度があります。

 

18歳から30歳の方を対象として、2年間の滞在が認められています。

 

いずれの国に渡航するにしても、一定以上の英会話力が必要条件になります。
その国で生活し、仕事をし、そして英会話力を磨くことになります。

 

そのため、あらかじめカナダ、オーストラリア、イギリスなどの渡航先の
英語講師から英会話レッスンを受けておくと良いでしょう。

 

オンライン英会話(スカイプ英会話)なら、
パソコンさえあれば各国ネイティブ講師と直接英会話できるので、
事前の勉強にはとても便利です。

 

せひ、試してみてください。

 

 

 

          おススメのオンライン英会話はこちら