オンライン英会話 ランキング 評判 比較

英語のスピーチ

 

 

国際社会のビジネスで、プロジェクトの商談に成功するためには
ビジネス英会話が欠かせません。

 

それとともに、自社製品の技術的な特徴や
ファイナンス面での有利性を顧客にきちんと伝え、
理解してもらうコミュニケーション能力が要求されます。

 

このような能力はどうしたら向上させることができるのでしょうか。

 

国際舞台で外国の企業と競争している日本の会社は、
営業部署担当者やプロジェクトマネージャーに
英会話の訓練とプロジェクトのマネージメントについての訓練を行っています。

 

初級から上級までのコースを設け、
関係社員に参加を義務付けしているのです。

 

顧客への自社製品のプレゼンテーション能力や、
ネゴシエーション能力に関する社員研修、企業研修を行っているのです。

 

プレゼンテーションでのスピーチの仕方、
ネゴシエーションで顧客の要求を正確に理解したうえで、
交渉していくための研修です。

 

専門家を招いて言葉遣いや、相手の目を見て話をすること、
ジェスチャーを交えての話し方などの細かな点まで訓練しています。

 

では、なぜ日本の企業はこのような訓練を社員に課しているのでしょうか。

 

それは、日本人の多くが聞き上手ではあっても、
自分を表現するのが苦手という意識が根底にあるためです。

 

そもそも日本では、政治家や企業の経営者であっても
原稿を作成しそれを読み上げていることが多いのではないでしょうか。

 

日本人だけが集まって打合せをしているだけであれば、
それで済んでしまうでしょう。

 

しかし、国際社会のビジネスでは、
そのような技能だけでは大型プロジェクトの受注に結びつかないのです。

 

外資系企業の採用面接においても、
日本人の若者は損をしていると思えてなりません。

 

実力があっても、自分を表現する、
訴える能力に欠けているからです。

 

日本人は謙遜が良い事と思っていますが、
国際舞台では逆にマイナスに働いてしまいます。

 

では、国際舞台で自分を表現するのが苦手という意識を
根底から変えるにはどうしたら良いでしょうか。

 

1つの方法は、小学校、中学校の子供の頃から
意見の述べる習慣を身に着けさせること、
そして、英会話に抵抗を感じさせないために海外留学を奨励することです。

 

人前で、英語で話す訓練を子供の頃から行うことによって、
初めて苦手意識が根底から無くなってくるのです。

 

この改革によって、国際社会でのビジネス、
企業の海外拠点や支店での外国人へのプレゼンテーションやネゴシエーション、
海外企業や国際機関への就職、
外国にある各大使館での活躍が可能になるのではないでしょうか。

 

オンライン英会話(スカイプ英会話)は、このような人材育成にお役に立つことを目指します。

 

 

 

 

          おススメのオンライン英会話はこちら