オンライン英会話 ランキング 評判 比較

テレビ会議と英会話

 

 

近年、テレビ会議が企業において急激に普及してきたそうです。

 

もともと企業がテレビ会議を導入したのは、社内の工場や支店が国内の拠点都市に点在している場合に、本社と工場あるいは支店との会議に使うためでした。

 

本社が東京にあって工場が鹿児島県にあった場合、社内打合せのために鹿児島県の担当者が本社に出向くとなると、飛行機代だけで往復6万円、移動時間も片道半日がかりで往復1日の時間がかかってしまいます。

 

それをテレビ会議で打合せができるようになれば、交通費と移動時間が大幅に節約できるようになるからです。

 

しかも複数の社員が会議に出席しなければならないケースでは、大きな節約となります。

 

テレビ会議の設備を会社に導入しても、十分に採算が取れる訳です。

 

次にテレビ会議が、海外支店や海外顧客との間で使われ始めました。海外との会議における経費節約は、国内間の会議の節約に比べて多大な効果がありました。

 

ところが最近、このテレビ会議が在宅勤務に使われ始めたのです。

 

社員が自宅にパソコンを置き、組織間の会議はテレビ会議システムを利用して行っているそうです。

 

もちろんメールなどを併用して、社員間の連絡を取り合います。

 

テレビ会議システムを導入したことによって、毎日の通勤がなくなりますので通勤費と通勤時間が必要なくなりました。

 

ただし、この在宅勤務は良いことばかりではない様です。上司は部下の勤務状態がわかりませんので、仕事の成果によって部下の評価をすることになります。いわゆる成果主義になったそうです。

 

さて、このテレビ会議は英会話スクールにどのような変化をもたらすでしょうか。

 

すでにオンライン英会話(スカイプ英会話)では、Skypeソフトを利用して英会話レッスンを行っています。

 

通学式英会話スクールで英会話レッスンを受けようとすると、通学のための時間と交通費がかかります。

 

しかし、オンライン英会話では、自宅に居ながらにして英会話レッスンを受けることができるのです。

 

通学式英会話スクールは、人通りの多いビルの一角の部屋をいくつも借りて運営しています。

 

オンライン英会話の場合は、このテナント料や運営のための人件費がかからず、格安料金とすることができます。

 

さらに、通学式英会話スクールでは、英会話講師は日本在住の講師に限られてしまいます。

 

ところが、オンライン英会話の場合はその制限がなくなるのです。

 

世界に在住する一流のネイティブ英会話講師から、直接英会話レッスンを受けることができるのです。

 

テレビ会議やSkypeソフトの機能向上は、人々の労働の有り方や英会話などの学習方法を大胆に変え始めました。

 

この技術革新が生活の効率化につながり、より良い生活に貢献できるようになることを期待しています。

 

 

 

            おススメのオンライン英会話はこちら