オンライン英会話 ランキング 評判 比較

日本の英語教育改革

 

 

2020年に向けて文部科学省の中央教育審議会が、学習指要領
の見直し作業を開始するとのことです。

 

グローバル化のこの時代ですから、日本人の誰でもが第二外国語
として英会話ができるようになることを将来の目標に掲げている
ようです。

 

例えば、中学校では英語の科目は、英語で受ける案のようです。
そして、英字新聞を読む力をつける、英語のニュースを見て理解
できるようにするとのことです。

 

英字新聞を読むためには、少なくとも英語検定の準1級のレベル
が必要でしょう。かなり難しい英単語を知っていないと英字新聞は
読めません。

 

また、英語のニュースを聞いて理解するためには、英単語の知識
に加えて、高度なリスニング能力が要求されます。

 

普通ネイティブが日本人に英語で語りかける時には、ある程度
ゆっくり話してくれるので、理解しやすいという面があります。

 

ところが、英語のニュース、例えばCNNの司会者なりアナウンサー
はネイティブを対象としてスピーキングをします。

 

そのスピードの英会話を理解するには、まさにネイティブレベルの
能力が必要となってきます。

 

それを日本の中学生の英語レベルの目標にしようと言うわけです。

 

また、高校生の英語の科目では英語で発表して、そのあとの質疑応答
の討論ができるようになる、また、交渉ができるようになることを
掲げています。

 

さらに、時事問題を対象として課題研究をプレゼンテーションできる
ようにするとのことです。世界の社会的な問題、政治的問題について
調べて自分なりの意見を英語でまとめるということになるでしょうか。

 

それを、多くの人達を前にして英語で発表し、討論なりディベートが
できるようになることが目標になるということでしょう。

 

 

これらの目標を達成するためには、先生が日本人では難しく、もう
ネイティブの先生が直接生徒を指導する体制でないと達成できない
のではないでしょうか。

 

 

現在の英語教育レベルから考えると、驚くべき英語達成目標となって
います。なにか、焦りさえ感じさせる目標ですね。

 

この英語目標は、文部科学省の有識者会議が以前から検討してきたもの
が土台となっています。

 

子供達をこのくらいの英会話レベルにしないと、日本は世界の中で
生き残れないということでしょうか。

 

 

ここまでの覚悟を持って日本人の英会話レベルを引き上げようとするなら、
世界の一流の英会話講師から教育を受けることを考える必要があると
思います。

 

しかも、CELTAやTESOL等の英語教育の資格を持った英会話講師から
教育を受けるべきでしょう。

 

これらの英会話講師から教育を受けようとするなら、オンライン英会話
(スカイプ英会話、Skype英会話)がとても便利で効果的です。

 

自身の経験からも、オンライン英会話を活用することをお奨めしたいですね。