オンライン英会話 ランキング 評判 比較

海外赴任に備える

 

 

会社から海外赴任の社命が出たら、有無を言わさず行かざるを得ません。

 

海外取引の多い会社の社員なら、そのような時に備えておくことは、
当然の事と言って良いでしょう。

 

現地に赴任してから、これは困ったでは遅いのです。

 

では、普段からどのような事に気配りしていれば良いでしょうか。
海外赴任の経験を長くした者として、気が付いた点を挙げてみましょう。

 

1. 現地の人とコミュニケーション
これは、生活、仕事の両方について言えることです。
少なくとも、世界共通語である英語だけは、
話せるようにしておきましょう。

 

コミュニケーションができないと、一人で心細くなったり、
ストレスのたまる原因になります。

 

世界中、どこへ行っても、英語ができれば何とか意思疎通はできるものです。

 

英会話の勉強は、日本に居る時からできることです。
折角、英会話を習うなら、ネイティブ講師が良いですね。
しかも、格安、便利を考えたら、最近ならオンライン英会話を利用すると
良いと思います。

 

2. 治安の問題
治安は、国によって左右されることですので、
海外赴任先が決まってから、
情報収集しても遅くはないでしょう。

 

ただし、実際に現地に行ってみると、
あの地区は危ないから近づかない方が良いとか、
あのストリートは歩かない方が良いなどの細かな情報が、
現地人や海外赴任の先輩から聞けるものです。

 

海外では、銃規制が日本と異なることも、
しっかりと頭の中に入れておくことです。

 

身の安全は自分で守るしかないと、肝に銘じるべきです。

 

3. 食欲が湧かない
料理が脂っこいとか、辛すぎるとか、塩味が強すぎるとか、
日本に居る時の食事の味と異なるのは、当たり前なのです。

 

でも、最近は日本人が海外でお寿司屋やラーメン店を経営したりして、
日本人にはありがたい状況になってきています。

 

ただ、問題は普段の食事にお金をかけていたら、
月給をオーバーしかねません。

 

近くにスーパーがあるなら、食材を買い求め、
自分で夕飯を作るくらいの覚悟は必要です。

 

美味しい夕食が、一日の楽しみとなり、
疲れを癒してくれるくらいになるといいですね。

 

料理の作り方は、日本に居る時にできることですから、
レシピをみながら休日の夕食を自分で作ってみることくらいは、
できるはずです。

 

4. 睡眠不足になりがち
アメリカのニューヨークに転勤になったら、時差は13時間です。
日本との連絡は、早朝や深夜になりがちです。

 

その結果、睡眠不足では、仕事ははかどりません。

 

今は、インターネットの時代です。
E-メールを利用するなどして、
上手に仕事をこなしていく工夫をしましょう。

 

その他にも、日本に居る時のようにはいかないことが、
いろいろ出てきます。

 

それを乗り越えるには、やはり、冒頭に述べたコミュニケーションが、
いかにスムーズにとれるかでしょう。

 

日本にいる間に、オンライン英会話を使って、ネイティブ講師と
ビジネス英会話のレッスンを行っておくと良いでしょう。

 

オンライン英会話サイトを探すなら、
オンライン英会話ビジネスコース比較ランキング
をご覧ください。