オンライン英会話 ランキング 評判 比較

オンライン英会話のネイティブ講師としてのCNN

 

 

CNN(Cable News Networkの略称で、日本語では、シーエヌエヌと呼んでいます。)は、
1980年にテッド・ターナーによって設立されました。

 

ニュースをメインに報道するアメリカのケーブルテレビ向けの放送局です。
24時間、世界のニュースを放送しており、危険度の高い地域へ乗り込んでの現地状況放送や、特ダネが多いので有名です。

 

アメリカのネイティブによる放送なので、英会話学習者にとっては、新鮮な世界のニュースを聞くことができます。

 

CNNニュースは、衛星放送用のチューナーとアンテナがなくても、実は無料で聞くことが可能です。インターネットでCNNのサイトにアクセスすれば良いのです。

 

CNNで放送されたニュース映像が並んでいますので、興味のあるニュースをクリックしてみましょう。1つのニュースは、大体3分から10分にまとめられています。

 

このサイトの良いとことは、何度でも自分が理解できるまで、繰り返し聞くことができることです。

 

また、CNNには日本語のサイトがあります。英語のビデオを見ることはできませんが、日本語になった記事を読んでおくと役に立ちます。

 

次にCNNの英語のサイトで放送ビデオを聞けば、スピーキングが聞き取りやすくなるのです。

 

更に、CNNは、視聴障碍者のために、ニュースを英文にした字幕サービスをしています。
このサイトを利用するのも、リスニングに役立ちます。分らない英単語は調べておいて、レポーターのスピーキングを聞けば、かなり理解度は違ってくるでしょう。

 

ネイティブの使うボキャブラリーが増えるのも、楽しみの1つです。

 

このCNNを日本の英会話学習者のために編集した雑誌が、CNN english expressです。

 

ネイティブのレポーターの報道が英文にまとめられており、日本語訳付きになっています。しかも、重要な英単語については、日本語訳や解説まで付いています。

 

この雑誌の電子版が、AppleのNewsstandから入手できるようになりました。

 

スマートフォンやi Padでも読むことができるようになったのです。もちろん、タブレットでも読みやすいようにいろいろな機能がついています。

 

例えば、テキストポップアップ機能。
文字を好きな大きさに自由に変える事ができるのです。

 

また、英文が書かれてある画面の音声マークをタップすると、その英文部分に対応したレポーターの報道が流れてくる仕組みになっています。

 

このように、CNNは、テレビのニュース放送以外に、インターネットサイトや電子書籍があり、英会話の優れた教材になっています。

 

オンライン英会話でネイティブ講師とレッスンする際にも、CNNのニュースはビジネス英会話用の良い教材となりますね。

 

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら