オンライン英会話 ランキング 評判 比較

海外赴任時の住宅探し

 

 

海外赴任の社命が出たら、英語での手続き、作業をしなければならなくなりますが、その内のひとつに住宅探しがあります。

 

前任者が居て、その交代として海外赴任する場合には、そっくりそのまま住宅も引き継げれば、問題は少なくて済みます。

 

英語での契約手続きを最小にできるだけでも、時間を節約できることになります。

 

ただし、前任者と家族構成が違ったりする場合も多く、事がスムーズに行くとは限りません。

 

たとえば、子供が同伴する場合は、学校への通学を考えなければなりません。

 

海外では、住まいから学校へ徒歩で行けない場合の子供の通学の送り迎えは、両親が行うことになるのが普通だからです。  

 

そのため、学校からそう遠くない住まいという条件がついてしまいます。

 

単身赴任や夫婦のみの海外赴任の場合は、職場への通勤と生活の利便性を考えて、都市部に住む人が多いようです。

 

会社として初めての地に海外赴任する場合は、現地の状況があまりよく分りません。

 

そのような場合は、日系の不動産屋さんを最初に探して、現地のことを聞きながら、住まいを決める方法を採ると良いでしょう。

 

または、簡単な台所付きでリーズナブルな宿泊料のホテルが、世界のどこに行ってもあるものです。

 

まず、そのホテルで数か月過ごしてみて、現地の治安とか交通状況を確認し、英会話に慣れてから住まいを決める方法もあります。

 

さて、住まいが決まれば、生活のための調度品を考えなければなりません。

 

欧米では、生活に必要な台所、洗濯機、冷蔵庫、食器棚、ソファーセット、ベッドなどは備え付けになっている場合が多いのです。

 

そのため、日本からわざわざこれらの備品を持っていく必要はないと思って構いません。

 

生活に必要な洗剤などの消耗品を買えば、生活できてしまうのです。

 

一般的に言って、これらの住まいは日本に比べてゆったり、広々としています。日本に比べて、土地が広いからです。

 

家賃を気にしなければ、プール付きの住まいを借りることも可能です。日本では、考えられない話です。

 

その分、豊かな生活を送ることができるのです。

 

一方で、建物が古い場合があります。見方によっては、一度建てた建築物は、大切に使っていることになります。

 

暖房機も何十年も使っていて、部屋が温まるのに時間がかかるとか、シャワーから水が漏れるなどのアクシデントに遭遇することもあります。

 

これらは文化の違いによるものと割り切り、楽しむくらいの気持ちを持ったほうが良いと思っています。

 

海外赴任したら、英会話をしっかり勉強し、現地に溶け込み、生活を楽しみましょう。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら