オンライン英会話 ランキング 評判 比較

海外赴任時の通勤手段

 

 

海外赴任した場合、車で勤務場所まで通勤することになることが多くなります。

 

日本の大都市では、鉄道や地下鉄が発達していますので、会社への通勤は電車になることが多いことを考えると、大変な違いです。

 

数か月の滞在であれば、レンタカーを使うのが、手続きが簡単で便利です。しかし、1年以上の長期滞在となると車を購入したほうが良いでしょう。

 

自動車保険を掛けたり、税金の支払いなど煩雑な手続きが多くなります。英会話力が必要な場面です。

 

慣れない土地での運転ですので、新車を購入するのは勇気がいります。最初は、こすっても気にならないくらいの中古車が良いと思います。英語でUsed Carの看板がかかった店に行って、購入します。

 

もっとも、外国ではドアやボンネネットがへこんだ車が、平気で走っていますので、車の傷を気にしないようです。

 

さて、車を買ったら試運転をしましょう。以下では、アメリカでの車の運転について説明します。

 

最初に、左ハンドルであったり、ウィンカーとワイパーのハンドルが日本の車とは逆に付いているなどがありますので、試乗してチェックします。

 

交通ルールを覚えるのも、事故を起こさない為に、大切なことです。標識の英語の意味を理解するのは当然ですが、信号のない交差点では先に一時停止した車に優先権があること、ロータリーでの規則も覚えておく必要があります。

 

そして、運転時には免許証以外にもパスポートの写しを持つことをお奨めします。

 

次にガソリンの給油の方法を覚えます。日本でも、最近はセルフサービスのガソリンスタンドが増えてきましたが、アメリカでは、昔からセルフサービスが基本です。

 

このガソリンの給油を自分ですることさえ、ちょっとしたコツがあって、それがわからないといつまでたってもガソリンを給油できません。

 

セルフサービスといっても、ネイティブの係員が1人は居ますので、自分にとって訳の分らない英語で怒鳴られる結果となります。

 

このようにして、現地のことを英語で一つ一つ覚えていく以外に、方法はないのです。

 

ハイウェイはすばらしく、片側4車線の道もめずらしくありません。一番困るのは、一番端のラインを走っていると、気が付かないうちに別のハイウェイラインに入ってしまうことがあることです。

 

最初のうちは、英語の地名が頭に入っていませんので、英語の行先表示番をみても、間違いに気が付かないのです。

 

それを解決するには、4ラインあったら、中央のラインを走れば良いことに気が付きました。

 

さて、朝のラッシュ時には、4ラインあっても信号機のあるところでは渋滞がおきてしまいます。

 

ほとんどの会社員が、車通勤であることの結果です。

 

アメリカが、車社会であることを思い知らされる時でもあります。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら