オンライン英会話 ランキング 評判 比較

海外赴任者数の推移

 

 

外務省が2005年に行った海外に居る日本人長期滞在者の数の調査によると、その滞在人数は100万人を突破したそうです。

 

長期滞在者数とは、3ヶ月以上その国に滞在している人が該当します。観光ビザで滞在している人達ではない人ですね。

 

1960年代は、民間企業で言えば、営業部門の担当者が駐在員として派遣されることが多くありました。

 

しかし、1980年代以降は、工場を海外に移転にするケースが多くなり、技術者や人事担当者、総務担当者が派遣されることも一般的になってきました。

 

全体的な統計を見ると、民間の企業関係者が仕事で滞在するケースが一番多く、次に留学生や大学の研究者の方が多くなっています。

 

地域的には、一番多いのが北米で、約256,000人、次がアジアで約252,000人、3番目が西欧で約124,000人と続きます。

 

長期滞在者の増加率でみると、2001年から2005年にかけて、北米が約37%でトップ、次いでアジアの36%、3位が西欧の18%となっています。

 

世界の都市別で長期滞在者数を見ると、どうでしょう。
ニューヨークの約46,000人、上海の40,000人、ロサンゼルスの約35,000人の順に多くなっています。

 

ここで注目すべきことは、欧米に長期滞在するにしろ、アジアに長期滞在するにしろ、コミュニケーションは英語で行うことが、ほとんどであるということです。

 

日本人が中国へ行き、中国語でコミュニケーションをとれる方は、限られています。

 

アジア地域でも、共通語は英語と考えて良いのではないでしょうか。

 

それだけ英会話が重要になってきている、と言えるのです。

 

しかも、海外赴任者は年々増加している現実があります。

 

海外赴任を会社から命ぜられる社員は、いつかはそうなるであろうことが、予想できるのではないでしょうか。

 

海外事業部などに所属していれば、海外赴任を念頭においておかなければならないでしょう。

 

会社としても、英会話研修等を通じて社員の英語能力の向上に努めるでしょうが、社員本人も自主的な英会話の取り組みが必要になってきます。

 

社員個人で英会話レッスンを受ける場合は、レッスンを受ける時間帯が限られてきますし、費用も安く抑えたいと思うのは、自然なことです。

 

その点、オンライン英会話、スカイプ英会話は、自宅に居ながらネイティブ講師の英会話レッスンを受けることができますので、とても便利です。

 

また、レッスン料金も格安なので、ぜひお奨めしたい英会話の勉強法です。

 

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら