大学入学共通テスト 英語 オンライン英会話 ランキング

TEAPとオンライン英会話

大学入学共通テスト オンライン英会話
TEAPは、Test of English for Academic Purposesの略で、
日本語でティープと言います。

 

大学で勉強や研究をする際に必要とする、
英語の読む、聞く、書く、話す、能力を測定するための検定試験です。

 

日本英語検定協会と上智大学が開発した英語検定試験で、
いろいろな大学の入学試験に利用されるようになってきています。

 

元々、大学入試試験を想定して、高校3年生向けのテストとなっています。

 

TEAPを発展させて、よりハイレベルな表現力、思考力、判断力の能力を
評価するTEAP CBTテストもあります。

 

しかし、ここでは大学入学共通テストを念頭において、
TEAPについて述べていきます。

 

TEAPには、リーディングテスト、リスニングテスト、ライティングテスト、
スピーキングテストがあります。

 

試験時間は、各々70分、50分、70分、10分です。

 

リーディングテストとリスニングテストは、マークシート形式、
ライティングテストは、解答用紙に英文を書く方法を採用しています。

 

そして、スピーキングテストは、試験官との1対1の面接試験となります。

 

それでは、各テストの詳細を見ていきましょう。

 

リーディングテストは、語彙・語法問題、図表読み取り問題、
掲示・E-メール読み取り問題、短文読み取り問題、長文読み取り問題、
からなっています。

 

いずれも授業や学生ライフを前提にした問題が、出題されます。

 

リスニングテストは、短い会話の聞き取り、短い英文の聞き取り、
長い会話の聞き取り、そして、長い英文の聞き取り、です。

 

英語の講義や英語のテキストを理解する上で、
必要とされる英語能力が試されることになります。

 

ライティングテストは、2問が出題されます。

 

問1は、説明文や論説記事を読み、
その内容を70文字程度に要約するテストです。

 

問2は、図表を含む情報が、まず提示されます。
それらの情報をまとめた上で、自分の意見を200字程度で
英文で表現する問題です。

 

 

スピーキングテストは、以下の4問です。
問1:受験者自身の生活のことについて、複数の質問をされますので、
その問いに答えます。
問2:受験者は試験官にインタビューするテストです。ロールプレイ方式で、
対話をリードしていけるかがポイントになるでしょう。
問3:与えられたテーマについて、自分の意見を述べるテストです。
問4:試験官からいろいろな話題について質問されますので、
   自分の考えを述べます。

 

まず、いろいろな事について、自分なりの意見を持っていることが、
前提になります。

 

そして次にその考えを、自分の知っているボキャブラリーの範囲で、
相手に伝えるコミュニケーション力が問われることになるでしょう。

 

 

このように見てくると、まずスピーキングテストに対応するためには、
英会話の日々の勉強が大切であることが分かります。

 

そこで、オンライン英会話を利用したレッスンは、いかがでしょうか。

 

ネイティブの先生を相手にして、
試験を模擬したレッスンを受けてみましょう。
リスニングの能力向上にも、きっと役立つはずです。

 

オンライン英会話のネイティブの先生なら、更に発展させて、
大学入学共通テストの枠を超えた国際交流の楽しみも味わえると思います。

 

 

 

<おすすめオンライン英会話はこちら>