オンライン英会話 ランキング 評判 比較

在外日本人とオンライン英会話

オンライン英会話
在外日本人とは、
日本の国籍を持ちながら
日本以外の国に滞在している人達です。

 

具体的に言えば、
日本企業の海外支店や海外工場の拠点で
勤務をしている日本人、あるいは留学生です。

 

この日本人の多く方は、
英語を使って現地の方々と
コミュニケーションを取っています。

 

 

 

日本に居る時に英会話の学習が十分にできなかった人達は、
実は現地に行ってから日本のオンライン英会話で、
英会話のレッスンを受けている場合も少なくありません。

 

現地にも英会話スクールはあると思うのですが、
インターネットで日本のオンライン英会話を探して入会してくれるのです。

 

日本語のウェブサイトを見て、安心するのでしょうか。

 

10数年前には、想像もできなかったことが、
現在では可能になっているのです。

 

オンライン英会話は、
この意味でも在外日本人にささやかながらお役に立っていると言って良いでしょう。

 

さて、世界に在住する日本人数の分布はどうなっているでしょうか。

 

2011年の外務省の統計データによると、
世界の地域毎に次のようになっています。

 

 

単位は「千人」で、地域毎に上位3か国を示します。

 

 

アジア地域
中国:141
タイ:50
大韓民国:30

 

 

アメリカ地域
アメリカ合衆国:398
カナダ:57
ブラジル:57

 

 

オセアニア地域
オーストラリア:75
ニュージーランド:13
グアム:4

 

 

欧州地域
イギリス:63
ドイツ:37
フランス:29

 

 

中東地域
アラブ首長国連邦:3
トルコ:2
カタール:1

 

 

世界の都市別に見ると、上位8位は次のようになっています。

 

 

アメリカ合衆国/ロサンゼルス:70
中国/上海市:56
アメリカ合衆国/ニューヨーク:55
イギリス/ロンドン:37
タイ/バンコク:36
オーストラリア/シドニー:26
シンガポール/シンガポール:26
カナダ/バンクーバー:24

 

 

この統計を見ると、在外日本人の一番多いのはアメリカ地域、
次いでアジア地域、欧州地域と続きます。

 

アメリカ地域、欧州地域でコミュニケーションに使われる言語は、
ほぼ英語でしょう。

 

アジア地域でも、
世界共通語として英語が使われることが多いのではないでしょうか。

 

実際、アメリカ合衆国や中国、イギリス、シンガポール、カタールに在住する日本人が、日本のオンライン英会話のウェブサイトにアクセスしてきます。

 

実際に英会話を教えるのは、日本に在住するネイティブ講師もいますが、
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア在住のネイティブ講師なのです。

 

英会話講師は、世界に在住していますが、
レッスンを受ける生徒も、日本に住む日本人だけではなく、
世界から集まってきています。

 

オンライン英会話は、世界がグルーバル化された1例と言って良いでしょうか。

 

 

 

 

    おすすめのオンライン英会話ランキング