オンライン英会話 ランキング 評判 比較

評判のメルボルンのネイティブ講師

 

 

メルボルンは、オーストラリアの都市の中で、最も南部に位置していると言って良いでしょう。

 

ポートフィリップ湾を囲むように、街が形成されています。
メルボルン都市圏の人口は、400万人以上あり、シドニーに次いで、オーストラリアで2番目に大きな都市となっています。

 

近代的な雰囲気のあるシドニーと比較すると、歴史を感じさせ、ゆったりとした生活ができる街というイメージがあります。

 

街の中には、近代的ビルがある一方、イギリス風の伝統的な建物が随所に見られます。

 

実際、エコノミスト誌から、世界の中で最も生活しやすい街として選ばれたこともありました。

 

メルボルンの郊外では、片側4車線の道路が碁盤の目に走り、住宅用の生活道路でも、片側2車線あります。ゆったりとして広大であり、日本とは、土地に対する感覚がだいぶ異なるようです。

 

気候的には、平均的に言えば寒く感じる日が多いかもしれませんが、雪が積もることはめったにありません。夏には、日中25℃以上になることがあります。

 

 

人口構成は、出生国をみるとイギリスが圧倒的に多く、続いてイタリア、ベトナムと続いています。

 

英会話の留学では、イギリス英語を話すネイティブ講師をベースとしたレッスンになるでしょう。

 

では、個別のネイティブ講師が在籍する英会話スクールについて紹介します。

 

ディスカバー イングリッシュ
2010年に開校したまだ新しいスクールです。シティーの中心部にあるので、通学には便利です。

 

学生数は約300人で、日本人以外では、コロンビア、タイ、ブラジルなど多様な国からネイティブ講師が教える英会話の勉強に来ています。

 

英語以外を話すことは禁止なので、たとえ日本人同士であっても、スクール内では英語でコミュニケーションを取ることになります。

 

一般英語以外にも、ネイティブ講師が教えるビジネス英語、専門英語などをオプションで学ぶことができます。

 

フュージョン イングリッシュ
このスクールは、日本人が少ないので、そのような環境でネイティブ英会話に集中して学びたいと思っている方にはお奨めです。

 

ヨーロッパや南米の学生が多いので、国際色の豊かさでは、他の追従を許しません。

 

授業料は、一週間あたり320オーストラリアドルが標準のようです。

 

ブリスベンにも分校を持っています。

 

いずれにしても、メルボルンに行ってネイティブ英会話の勉強をするなら、日本に居る間にしっかりとした基礎勉強は必要でしょう。

 

オンライン英会話、スカイプ英会話でメルボルン出身のネイティブ講師を探し、現地情報について勉強しておくのも1つの留学対策でしょう。

 

 

 

 

<<おススメのオンライン英会話はこちら