大学入学共通テスト 英語 オンライン英会話 ランキング

 

大学入学共通テスト オンライン英会話

 

このランキングサイトは、大学を受験しようとするあなたのためのサイトです。

 

2020年度より、国立大学では入学試験の大学入学共通テストの英語において、

 

従来のマークシート形式
民間の資格・検定試験

 

 

の両方の成績を評価の対象とすることになりました。

 

私立大学でも、両方の成績を評価の対象とする大学が数多くあります。

 

 

1.英語の勉強法は、どう変わる。
では、民間の資格・検定試験を受けなければならないとなると、
何が変わってくるのでしょうか。それは、

 

従来のマークシート形式は、英語の読む、聞く、のテスト
民間の資格・検定試験は、英語の読む、聞く、書く、話す、のテスト

 

なのです。

 

英語を読む、聞く、テストに、書く、話す、テストが加わったら、
今迄とは異なった勉強法、受験対策が必須となります。

 

読む、聞くだけなら、問題に出てきそうな英単語や構文を暗記しておけば、
ほぼ回答することができます。

 

ところが、書く、話すとなると、自分の言いたいことを表現する英単語、
構文を自分の記憶のタンスの中から瞬時に引き出してきて、書くなり、
話さなければならないのです。

 

 

大学入学共通テスト オンライン英会話
2.なぜ、オンライン英会話なのか。
話すとは、相手とのコミュニケーションです。
ですから、独学がとても難しいのです。

 

また、話す時には自分の記憶のタンスの中から瞬時に英単語、構文を引き出してこなければなりません。

 

発音についてもリエゾン、リダクションなどの指導を受ける必要があります。

 

大学受験生がこの能力を得るためには、今迄の受験勉強とは異なる
トレーニングが必要になります。

 

そのトレーニングに、オンライン英会話はとても適しているのです。

 

(1)1対1で英語を話すトレーニング
例えば、英検では検査官と受験者との1対1の英会話となります。
オンライン英会話では、英会話講師と受験者との英会話レッスンとなり、
1対1の模擬スピーキングテストをすることができます。

 

(2)発音のトレーニング
オンライン英会話の講師は、発音レッスンのプロです。
ネイティブから懇切丁寧な指導を受けることができます。
発音のトレーニングを繰り返すと、聞く能力も自然に高くなってきます。

 

(3)英作文のトレーニング
受験生の作った英作文を、オンライン英会話のレッスンの中で
英会話講師が添削することもできます。

 

(4)適切な評価とフィードバック
オンライン英会話の講師がレッスンを通じて英語の理解度を評価し、
あなたのために個別のフィードバックを行います。
このフィードバックが、英語の好評価を得るための近道となります。

 

(5)格安な英会話トレーニング
受験生の中には、学習塾に通っている学生もいます。
保護者の方にとっては、費用負担を少しでも抑えたいところでしょう。
格安なオンライン英会話は、そのような期待に応えます。

 

 

当ランキングでは、数あるオンライン英会話を徹底調査し、
大学入学共通テストに向いたスクールを厳選してご紹介します。

 

 

 

厳選おススメオンライン英会話 ベスト3

 

 

オンライン英会話 ボストン倶楽部

月10回レッスンしても驚きの月額8900円(税込9612円)キャンペーン期 間中!

 

英語教育資格を持ったネイティブ講師が、
英検、TOEIC、TOEFL等のスピーキングレッスンを行っています。

 

ネイティブが講師のオンライン英会話では、
レッスン料金が最格安水準!
定額コースなら、月10回のレッスンでも驚きの月額8,900円(税込9,612円)。

 

共有ポイント制を採用
ポイント購入コースなら、1to1レッスンでもグループレッスン(2〜4人)でも月会費は同じです。受験生1人でも、ご家族一緒になってのレッスンでも構いません。受験生4名がグループレッスンを受ける場合などにとてもお得です。

 

オンライン英会話

 

 

料金 スクールの特徴 評価

定額コース料金
 入会金            0円
 月会費         8900円
           (税込9612円)

 

ポイント購入コース料金
入会金             0円
月会費          3240円
1レッスン グループ  340円〜
      マンツーマン 961円

講師がTESOLなどの英語教育資格を持っている。
ネイティブ講師オンライン英会話の中では最格安水準

大学入学共通テスト,オンライン英会話

 

Best Teacher

 

最初に英語で話したいことを文章化し、講師に添削してもらいます。その文章をもとに英会話のレッスンを行うレッスン方式を採用しています。

 

先生との5回のメールのやリとりで自分の話したい自分英語を作成し、先生が添削録音してくれます。この自分のためのスクリプトをもとにSkypeレッスンをします。

 

無駄な英会話のレッスンはありません。今までオンライン英会話でおしゃべりけで満足できなかったた人におすすめです。

 

世界15か国以上から集めたビジネス経験のあるベストティーチャーの講師はビジネス英語にも最適です。 結局英会話は、自分に合った講師を見つけられるかが全てです。

 

 

オンライン英会話


 

 

料金 スクールの特徴 評価

入会金             0円
月会費          9800円 

読む、書く、聞く、話すを学べます自分英語を学ぶのがコンセプト即戦力の英会話を学びます。 大学入学共通テスト,オンライン英会話

 

レアジョブ


 

 

国内最大級のオンライン英会話サービスで、累計レッスン数は1,000万回超え、毎日12,000回以上のレッスンが行われています。国内シェアNo.1だから安心です。選ばれるには理由があります。

 

オンライン英会話未経験の英語初級者でも、上級者でも、自分に合ったサービスが受けられるので90パーセント以上のユーザーが満足しています。

 

講師は日本の東大にあたるフィリピン大学をはじめとして約4000名に厳選しています。

レベルと目的別で1,700種類を超える教材、毎日更新されるグローバルなニュースをテーマとした教材、リスニング力強化のための音声コンテンツ等、教材を全て無料提供。

 

 

オンライン英会話

 

料金 スクールの特徴 評価

入会金             0円
月会費   毎日25分 5800円
       月8回なら 4200円

 国内シェアNo.1
    講師数4000人以上
    生徒数 50万人

大学入学共通テスト,オンライン英会話

 

 

 

ネイティブ講師の英会話レッスンはここが違う!

 

ネイティブ講師とは、英語を母国語としている国の英語講師を言います。

 

ほとんどのネイティブ講師は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、そしてニュージーランド出身の方と考えて良いでしょう。

 

 

それではネイティブ講師の英会話レッスンには、一般的に言って、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

オンライン英会話 世界で英語を教え、英語検定試験やビジネス英会話などのトレーニングに豊富な経験を持っています。

 

ネイティブ講師は発音がきれいと良く言われます。

 

確かに、リエゾンやリダクションが明瞭なので、流れるようなスピーキングを聞けば、大いにリスニングの訓練になります。

 

ところが、それ以上に特徴的なのは、ビジネス英会話を得意としているネイティブ講師が多いという事です。

 

実は、ネイティブ講師は、世界中の企業の会社員にビジネス英会話を教えているのです。

 

そして、英会話を教えながら、その国のビジネス上のマナーや習慣を逆に学んでいます。

 

ビジネス英会話の教材だけでは知り得ないインターナショナルな知識を、ネイティブ講師から学ぶことができるのです。

 

 

 

 

オンライン英会話 英語教育資格を持っている講師がほとんどです。

 

ネイティブ講師は、英会話の教育を職業としている方がほとんどです。

 

そのため、どこの国へ行っても英会話の教育者として通用する英会話教育資格を持っている講師が多いのです。

 

 

英語教育資格といえば、主な資格は次の4つでしょうか。

 

・CELTA(Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages)
・TESL (Teaching English as a Second Language)
・TEFL(Teaching English as a Foreign Language)
・TESOL(Teaching English to Speakers of Other Language)

 

CELATの資格があれば、英語以外の言語を話す人々を教育するばかりでなく、英語を母国語とする人も教育できます。

 

TESLは、英語を第二言語としている人々、TEFLは英語を一般的に使用していない人々に英語を教える資格です。

 

TESLとTEFLを総称してTESOLと呼ぶことが多いようです。

 

せっかく英会話を習うなら、英会話教育資格を持った講師から学びたいですね。